FC2ブログ
ふんばれ!Liya。
くる日もくる日も散歩に行っては飼い犬のウンコをすくう男のたわごと。
犬を飼うということ。
CIMG5935.jpg
11.2.19 18:05

先週水曜日の「朝日新聞」に1月30日に開かれた「ライフ・シッポ・
プロジェクト 2011シンポジウム」
の模様が載っていた。
4人のパネリストの意見を読んで、犬を飼うことに対して
あれこれ思うことがあったのでここで一部を紹介したい(誰?)。

三浦健太氏(NPOワンワンパーティクラブ代表)

理想的なペットと飼い主の関係を訊ねられ
『我が家に来て最初にすべきことは、しつけじゃなくて理解
 なんです。犬は感受性の強い動物ですから、飼い主さんが
 絶対いい子になるという風に思っていれば悪くならない。
 思いやりをかければ、思いやりで返してくる。この飼い主と
 一緒に暮らしたいんだ、飼い主のためになりたいんだという
 心を先に育てると、ほとんどしつけはいらないと思います』

柴田理恵氏(女優。3本足の飼い犬・晴太郎の飼い主)

『この世に生まれてきたものにはみんな意味と役目が
 あるんだなとしみじみ思います』

西山理行(環境省動物愛護管理室長)

『最初に飼い始める時には、動物ってモノじゃなくて、
 命あるもの、命を預かっているんだという責任感と覚悟を
 持って真剣に動物と接する必要があると強く思っています。
 「最後までしっかり飼えない人は動物を飼わないでください」
 と言いたいです』

養老孟司氏(東大名誉教授)

ペットを飼う意味は、我々が「近代」という世界の中で
忘れてきたものを思いださせてくれる点が大きい。
コンビニやスーパーの生活になれた現代人は、
違いを見分ける感覚が鈍っていると言い、
『ペットは、しゃべらないということ。
 相手は口を利きませんから、一生懸命、
 どう思っているんだろうと想像力を働かせます。
 ペットを相手にすることで、人間の方が感覚が鋭くなり、
 いろいろな違いに気がつくようになる』

CIMG5941_20110220135046.jpg
11.2.20 13:46

犬を飼っているというと、『癒されるでしょう』とよくいわれるが、
自分が癒されたい!一人暮らしの寂しさを紛らわせたい!
などと思って飼いはじめたわけではない。
単純に『犬が好きだから!』飼っている。
結果、和まされたり、慰められたりはしているが(照)。
私利私欲が先にあって飼いはじめたよーな飼い主は
犬との生活を破綻させるケースが多いのでは?
自分のメリットのために飼うのではなくて、
本当に好きな人だけが飼っていれば、
不幸なペットはもっともっと減るはずだ。
これって、結婚や子育てにも通じるんじゃないの。
あ、結婚も子育ても経験ないけどね(汗&照)。

飼い犬は、いま何を思っているだろーか…。


↓どーかふたつ!クリックよろしくお願いします。
  このふた手間、あなたの優しさに感謝です!
  いつも本当にありがとーございます!!!!
ふんばれ!Liya。 
copyright © 2019 ふんばれ!Liya。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.