FC2ブログ
ふんばれ!Liya。
くる日もくる日も散歩に行っては飼い犬のウンコをすくう男のたわごと。
飼い犬連れ去り事件の顛末。
CIMG5842.jpg
11.2.9 7:24

昨日、“管理者のみ閲覧できます”コメントをくださった
juneさんのありがたい忠告を読んで愕然とした。

こ、こんなことってあるんかいな…。

「冷たい熱帯魚」の村田に匹敵する邪悪さだ…。

「犬たちをおくる日」の紀州犬を捨てた飼い主に勝る残虐さだ…。

確かに、散歩の途中で飼い犬をつないでその場を離れるとき、
一抹の不安を感じることはある。だけどね…。

写真をとられるくらいならいいけど、飼い犬をとられたら…。

阿佐ヶ谷界隈で店先につながれている飼い犬は
よく見る光景だし、阿佐ヶ谷にそんな悪人はいないと信じたい…。

で、でも、我が飼い犬はあまりにも可愛いから(照)、
出来心ってヤツを芽生えさせてしまうかも…。

飼い犬に『知らない人についていくな!』はムリだし…。

鍵のかかるリードってないのだろーか…。

散歩の途中で飼い犬をつないでその場を離れる飼い主たちへ
注意喚起するため(誰?)この記事を紹介するが、
↓心臓の弱い方は見ないほーがいいと思います。

「百代連れ去り事件真相」

飼い犬は、知らない人がリードを持ったら抵抗するだろーか…。


↓どーかふたつ!クリックよろしくお願いします。
  このふた手間、あなたの優しさに感謝です!
  いつも本当にありがとーございます!!!!
ふんばれ!Liya。 
コメント
コメント
いたたまれんですね。
政府は、もっと厳しくすべきです。
せめて、盗難や虐待歴、保健所にペット
を持ち込んだ暦のある人はペットを飼え
なくするとか。
メディアも、お天気お姉さんの不倫なん
かの、どーでもいい報道よりも、弱者や
動物の命を大切にする報道をもっともっ
と取り上げるべきですね。
2011/02/10 (木) 14:06:54 | URL | 博多っ子 純情。 #-[ 編集 ]
私この話知っています。

結構有名なお話なんですよね。

2011/02/10 (木) 18:15:49 | URL | アッコ #aHy4Ey.s[ 編集 ]
こんばんは。
なんだか、出過ぎた真似をしてしまって、
お恥ずかしい限りです...(;^ω^A
我が家の愛犬はお菓子さえチラつかせれば
誰にでも付いていくので、かなり危険です。
Liya氏なんかは非常に美人なので、心配ですね。
Liya氏の瞳は1万ボルトですよ。

2011/02/10 (木) 19:42:44 | URL | june #luzX5//c[ 編集 ]
博多っ子 純情。さん!
ホントにねぇ…。
信じられないことする人間っているんですねぇ。
でも、いくら国が取り締まっても
そーゆークズはいなくならんでしょうねぇ。
やはり、自分の身は自分で守らないと。
それにして、日本はいともカンタンに
犬猫が飼える状況にありすぎですね。
試験制度、免許制度を導入すべきだと思います。
2011/02/11 (金) 11:48:17 | URL | 飼い主 #N4TEX7gs[ 編集 ]
アッコさん!
そーだったんですね。
まったく知りませんでした。
人の親にはなっても、
こんな人間がいるんですねぇ。
2011/02/11 (金) 11:50:17 | URL | 飼い主 #N4TEX7gs[ 編集 ]
juneさん!
とんでもございません。
とても勉強になりました。
自分で犬を飼っていると
店先につながれている人の飼い犬を
むやみやたらに触ったり、
ましてや食べものを与えたりといった行為が
決して犬のためにならないとゆーことが
本当によくわかりますよねぇ。
2011/02/11 (金) 11:56:18 | URL | 飼い主 #N4TEX7gs[ 編集 ]
飼い主さま

こんな悲しい事件があるなんて。。。
会社の昼休中に読んで。。。大泣きしてしまいました。
なんでこんな酷いことができるの?
こういう人は、お願いだから人間やめてくれ。。。同じ人間であることが恥ずかしいです。
2011/02/11 (金) 12:06:34 | URL | hiro #-[ 編集 ]
hiroさん!
ホントにねぇ。信じがたいですよねぇ。
しかも、子どもを育てる母親ですからねぇ。
最近、非常識なことを平気でする人を見ると
やはり育てられ方が悪かったんだと感じます。
人間も犬も躾が肝心ってことですねぇ。
2011/02/12 (土) 09:34:48 | URL | 飼い主 #N4TEX7gs[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 ふんばれ!Liya。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.