FC2ブログ
ふんばれ!Liya。
くる日もくる日も散歩に行っては飼い犬のウンコをすくう男のたわごと。
黒点3ついただきました。
CIMG5904_20120208073250.jpg
12.2.7 8:04

↓どーかふたつ!クリックよろしくお願いします。
  このふた手間、あなたの優しさに感謝です!
  いつも本当にありがとーございます!!!!
ふんばれ!Liya。 
いつものよーに逃げるよーに会社をでると(照)、
「TOHOシネマズ シャンテ」へと向かい「灼熱の魂」を観た。

この作品を観て、つくり話が許せるジャンルがもうひとつあった
ことを思いだした。それはミステリーだ(誰?)。

ラストの衝撃のためだけにつくられたよーな映画だが、
あまりのおぞましさに鳥肌がエンドロールまで続き寒気まで。
今会社で流行っているインフルエンザに感染したよーに。

正直、終盤までのご都合主義的展開には辟易もしたが、
最後の最後にアッパーカットをくらった。

『遺言で作り話をする人はいないよ』

『大家族は犬を飼う』

冒頭の台詞では思わずニヤリとしてしまったが、
まさかあんなことになるとはねぇ。

CIMG5905_20120208073307.jpg
12.2.7 22:24

飼い犬は、オエッとしながら迎えた…。
コメント
コメント
映画は虚構の賜
そうですか。寒気ですか。
おそらくレバノンをモデルにしていると思われる「真実」のようなお話に、「虚構」を加えることによって、このお話は、あたかも現実の悲劇を切り取ったようになったのだと思います。

池上さんの特番や書籍で、「宗教がわかれば世界がわかる」みたいな知識を入れた後だっただけに、心に刺さるものがありました。

黒点3つはあまりよくなかったってことですか?
2012/02/08 (水) 09:59:55 | URL | わっきー #-[ 編集 ]
わっきーさん!
本当にそーですねぇ!
わっきーさんのタイトルを見て
横っ面を叩かれた気がしました(照)。
虚構を虚構として楽しめなきゃ
映画観ることないですよねぇ。
最近ちと気持ちがすさんでいて(汗)、
共感できない映画を観ると
『所詮つくり話さ』と思ってしまうことが多く…。
いけない傾向です。気をつけます(笑)。

「灼熱の魂」、よくないことはないですが、
よかった!面白かった!とは言いにくい映画ですね。
凄かった!驚かされた!って感じです。
中東の政教にはまったく明るくないですが、
当事者らが観たらどー思うんでしょーねぇ。

黒点3つはかかとにつけられたアレです…。
2012/02/09 (木) 08:25:39 | URL | 飼い主 #N4TEX7gs[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 ふんばれ!Liya。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.