ふんばれ!Liya。
くる日もくる日も散歩に行っては飼い犬のウンコをすくう男のたわごと。
笑える自殺の本。
CIMG2440_20131107065654b6b.jpg
13.11.6 8:26

↓あ、続きを読む前に、下のバナーをクリックしてね↓
  いつもいつも本当にありがとーございます!!!!

ふんばれ!Liya。 
酔いも手伝って、ふと気がつけば閉店ギリギリの
阿佐ヶ谷駅前「書楽」で「自殺」を購入していた。
まだ、あれもあれもあれもあれも読んでいないのにね(汗)。
ここのところツイッターでやたらリツイートされているのを
流し見していたことが、サブリミナル効果的に作用したか(照)。

この本は、小学校1年生の時に、母親が近所の若い男性と
ダイナマイト自殺したとゆー元白夜書房編集者・末井昭氏が
「朝日出版社第二編集部ブログ」に月1で連載していた
『自殺』に一部加筆してまとめたものとのこと。

CIMG2442.jpg
13.11.7 6:52

まえがきから、

 自殺というとどうしても暗くなりがちです。だから余計に
みんな目をそむけてしまいます。自殺のことから逸脱した
ところも多分にあると思いますが、笑える自殺の本にしよう、
そのほうがみんな自殺に関心を持ってくれる、と
思いながら書きました。この本を読んで、ほんの数人でも
いいから自殺していく人のことを考えてくだされば、少しは
書いた意味があるのではないかと思っています。

「地震と自殺」から、

 普段なら、台が空いていないぐらい混みあう時間ですが、
店内はガラガラで、いつもより暗く、寂しい感じがしました。
再びさらに大きな地震が来たら、天井から降ってくる大量の銀玉
に埋まって死ぬんだろうなとか思いながら、その光景を想像すると
おかしくて、こんな日に真剣にパチンコ台に向かっている周りの人
もおかしくて、ニヤニヤしながら打っていたのかもしれません。

辛いことを笑いに転換するって、ホントに高尚なことだと思う。


職業訓練学校で知り合って、何度かデイトした(照)女友だちが
清里の橋から飛び降り自殺して、四半世紀以上が経つ…。

CIMG2441.jpg
13.11.6 8:26

飼い犬は、100万%自殺することはない…。


↓あ、毎日きてくれるのになぜクリックしてくれないの(涙)。
  あなたの清きクリックをお待ちしています…………(笑)。

ふんばれ!Liya。 
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/11/07 (木) 13:54:25 | | #[ 編集 ]
さんく姐さん!
> 油断は禁物です。
> 悪性リンパ腫で余命を宣告されたうちの飼い犬は
> ゲートを押し倒し階段から落ちようとしました。
> また、入院しなければならなくなった一人暮らしの
> 飼い主を慮り車に飛び込んだワンの話も聞いたことがあります。

そ、そーなんですかぁ。
びっくりですねぇ。
知りませんでした…。

で、でも、それってホントに自殺なんでしょーか?
2013/11/08 (金) 21:27:20 | URL | 飼い主 #N4TEX7gs[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ふんばれ!Liya。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.