ふんばれ!Liya。
くる日もくる日も散歩に行っては飼い犬のウンコをすくう男のたわごと。
名前が消えた犬たち。
「シネスイッチ銀座」で「犬に名前をつける日」を観たよ。
不本意ながら金券屋で購入した株主招待チケットでね。
残尿、もとい、残業続きで今月はじめての鑑賞だった。

いやー、泣けた!泣けた!こらえ切れずに泣けたっけ!
涙ちょちょぎれすぎて、あやうく失禁するところだったよ。
犬猫ペットブームの陰に隠れた真実に胸が苦しくなった。
まだ1歳の飼い犬を処分してほしー!と保護センターに
くるクズ飼い主がいるかと思えば、保護した犬に迷子札
がついていたので電話してみると『もう新しい犬を飼った
からいらない』とゆークズ飼い主がいたり、信じられん!
こーゆーバカ人間は犬の命をなんだと思っているのか。
犬を飼う人にこの映画のDVD鑑賞を義務づけるべきだ。

助けてもらって、よかったねー!

小林聡美の台詞を反芻するとまた目頭が熱くなる(照)。
そして、名が?な犬のために尽力する人たちに脱帽だ。

金を払って飼い犬を買った身としてはエラソーなことは
言えないし、名のない犬のためになんにもできないが、
飼い犬だけは責任持って最期の最期まで、と強く思う。

CIMG1057_2015111800132708c.jpg
15.11.17 8:16

飼い犬は、一生飼い主のことを忘れないらしー…。


↓あなたの清きクリックを心からお待ちしています(照)。

ふんばれ!Liya。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ふんばれ!Liya。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.