ふんばれ!Liya。
くる日もくる日も散歩に行っては飼い犬のウンコをすくう男のたわごと。
育てるものと育てられるもの。
昨日の「朝日新聞」“折々のことば”に100万回頷いた。

われわれはいかに子供たちによって、いかに
動物たちによって教育されることであろう!


                マルティン・ブーバー

 育てる、教えるという関係は、けっして一方通行の
関係ではない。育てる者が育てられる者に育てられる
という反転が、そこには必ず起こる。育つなかで自分
が失ってしまったものを、自分以外のものを育てる中で
気づかされる。私の場合、人生に意味や理由を求め
すぎると幸福より不幸に近づくと、犬から教わった。
宗教哲学者の主著「我と汝・対話」(田口義弘訳)から。

マルティン・ブーバー氏のことばを受けて、鷲田清一氏
はこのよーに記していたが、まったくそのとーりでっせ。
我が飼い犬をひとりで育てたよーなつもりでいるけれど、
実は、飼い主がヒトとして育てられているんだよなぁ~。
そして、飼い犬を飼っているつもりでいるけれど、実は?

CIMG5539.jpg
16.7.17 12:05

飼い犬は、素直であることの大切さを教えてくれる…。


↓あなたの清きクリック心からお待ちしています(照)。

ふんばれ!Liya。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ふんばれ!Liya。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.